ちょっと休憩室

トップページへ
スリザーリンク問題集へ
スリザーリンク問題集
ナンバーリンク問題集へ
ナンバーリンク問題集
アイスバーン問題集へ
アイスバーン問題集
ぬりかべ問題集へ
ぬりかべ問題集

 パズル美術館問題集
 
パズル美術館の問題集です。内容、ルールの分からない方は休憩室トップページをご覧ください。
最初のうちは、サイズも小さく比較的簡単な問題が多いです。

ウォーミングアップのつもりで解いてください。
徐々に、大きいサイズの問題、難しい問題になります。難しい問題も頑張って解いてください。

問題の番号は、次のようになっています。[0001a/10X10-1下段に(170305)]
最初の「0001」が全パズルの通し番号、次の「a」が難易度、次の「10X10」がパズルの大きさ、
次の[1]がその大きさの番号、そして下段の()内は問題登録日の日付です。
修正があった場合は、その後ろ/以後に修正日を記入します。

難易度は、a:簡単、b:まあ簡単、c:普通、d:やや難しい、e:難しい、f:超難、g:激難となっています。
難易度は、私が解いてみた感触で付けています。

問題に関する注は最下部にあります。そちらも参考にお読みください。

(*Firefoxは、52以降 Chromeは、42以降 Safariは、12以降 Java をサポートしなくなりました。カンペンをお使いの方は、それ以外のブラウザをお使いください。)

 最新問題28~30問  過去問リンク →過去問1
0484e/15x20-75
(200118)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0483d/10x10-116
(200116)
0482c/15x15-87
(200113)
0481d/20x20-65
(200111)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0480c/10x15-103
(200108)
0479d/15x20-74
(200106)
0478d/10x10-115
(200103)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0477e/20x30-27
(200101)
0476c/15x15-86
(191229)
0475e/20x20-64
(191227)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0474d/10x15-102
(191224)
0473d/15x20-73
(191222)
0472d/10x10-114
(191219)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0471d/15x15-85
(191217)
0470d/20x20-63
(191211)
0469d/10x15-101
(191209)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0468d/30x30-12
(191206)
0467d/15x20-72
(191204)
0466e/10x10-113
(191201)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0465f/15x15-84
(191129)
0464d/20x20-62
(191126)
0463d/10x15-100
(191124)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0462d/15x20-71
(191121)
0461e/20x30-26
(191119)
0460d/10x10-112
(191116)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0459d/15x15-83
(191114)
0458d/20x20-61
(191111)
0457d/10x15-99
(191109)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
最新問題28~30問   過去問リンク

注)

「パズル美術館」はニコリが作り出したパズルです。
ニコリでは、読者の投稿によりパズル誌を発行していますが、パズルの投稿に際しては、制作上に
ある程度の規定を設けているようです。

「パズル美術館」の規定がどうなっているのか正確なものは分りませんが、
発表されている作品を見ると、黒マス(数字マス含む)の配置が点対称になっています。
と言う事で、取り敢えずの問題は点対称形で作っていく事にします。

作成問題の変更

問題数が150を超えたので、点対称にこだわらずそれ以外の問題も作っていこうと思います。
点対称問題と区別するために、非対称問題は番号の難易度を大文字で表すことにします。

問題番号の変更

非対称問題の難易度の大文字を廃止し、番号の表示を統一します。