ちょっと休憩室

トップページへ
スリザーリンク問題集へ
スリザーリンク問題集
ナンバーリンク問題集へ
ナンバーリンク問題集
アイスバーン問題集へ
アイスバーン問題集
ぬりかべ問題集へ
ぬりかべ問題集

 パズル美術館問題集
 
パズル美術館の問題集です。内容、ルールの分からない方は休憩室トップページをご覧ください。
最初のうちは、サイズも小さく比較的簡単な問題が多いです。

ウォーミングアップのつもりで解いてください。
徐々に、大きいサイズの問題、難しい問題になります。難しい問題も頑張って解いてください。

問題の番号は、次のようになっています。[0001a/10X10-1下段に(170305)]
最初の「0001」が全パズルの通し番号、次の「a」が難易度、次の「10X10」がパズルの大きさ、
次の[1]がその大きさの番号、そして下段の()内は問題登録日の日付です。
修正があった場合は、その後ろ/以後に修正日を記入します。

難易度は、a:簡単、b:まあ簡単、c:普通、d:やや難しい、e:難しい、f:超難、g:激難となっています。
難易度は、私が解いてみた感触で付けています。

問題に関する注は最下部にあります。そちらも参考にお読みください。

(*Firefoxは、52以降 Chromeは、42以降 Java をサポートしなくなりました。カンペンをお使いの方は、それ以外のブラウザをお使いください。)

 最新問題28~30問  過去問リンク →過去問1
0404e/20x30-23
(190625)
0403d/15x15-73
(190623)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0402d/20x20-51
(190620)
0401d/10x15-89
(190618)
0400d/15x20-60
(190615)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0399c/10x10-101
(190613)
0398d/15x15-72
(190610)
0397e/20x20-50
(190608)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0396d/10x15-88
(190605)
0395f/30x30-8
(190603)
0394d/15x20-59
(190531)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0393d/10x10-100
(190529)
0392d/15x15-71
(190526)
0391e/20x20-49
(190524)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0390d/10x15-87
(190521)
0389d/15x20-58
(190519)
0388c/10x10-99
(190516)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0387d/20x30-22
(190514)
0386c/15x15-70
(190511)
0385e/20x20-48
(190509)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0384d/10x15-86
(190506)
0383e/15x20-57
(190504)
0382d/10x10-98
(190501/0509)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0381e/15x15-69
(190429)
0380d/20x20-47
(190426)
0379d/10x15-85
(190424)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
0378e/30x30-7
(190421)
0377e/15x20-56
(190419)
0376c/10x10-97
(190416)
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
ぱずぷれで解く
カンペンで解く
最新問題28~30問   過去問リンク

注)

「パズル美術館」はニコリが作り出したパズルです。
ニコリでは、読者の投稿によりパズル誌を発行していますが、パズルの投稿に際しては、制作上に
ある程度の規定を設けているようです。

「パズル美術館」の規定がどうなっているのか正確なものは分りませんが、
発表されている作品を見ると、黒マス(数字マス含む)の配置が点対称になっています。
と言う事で、取り敢えずの問題は点対称形で作っていく事にします。

作成問題の変更

問題数が150を超えたので、点対称にこだわらずそれ以外の問題も作っていこうと思います。
点対称問題と区別するために、非対称問題は番号の難易度を大文字で表すことにします。

問題番号の変更

非対称問題の難易度の大文字を廃止し、番号の表示を統一します。